北海道大学大学院情報科学研究科 システム情報科学専攻 システム融合学講座

電磁工学研究室

English

Applied Electromagnetic Laboratory, Hokkaido University

概要

電磁工学研究室

 本研究室では,電磁界数値解析をキーテクノロジーとして,永久磁石埋め込み型モータやリラクタンスモータ,インダクタ,小型変圧器,超伝導機器,磁気シールド,アンテナなどの電気電子機器の最適設計に関する研究を行っています.これら機器の形状最適化のために新しいトポロジー最適化手法,ロバスト最適化手法などを開発しています.また電磁界解析を高速化するためのモデルオーダーリダクション(モデル縮約)法や並列計算に関する研究,有限要素解析のためのメッシュ生成法,電磁界の3次元可視化に関する研究を行っています.
  さらに構造物の安全管理,自然環境の状態監視には無線センサーネットワークが有効ですが,本研究室では電波型パッシブRFID,無線センサーを開発してきています.これらの設計では上記の電磁界解析と設計最適化法を駆使しています.また無線センサーに電力を供給するための新しい環境発電装置(エネルギーハーベスター)を開発しています.特に,構造物の振動からエネルギーを回収する電磁誘導型振動発電機や環境中の電磁波から電力を得る電波型ハーベスターを開発しています.
 本研究室では,電磁界解析や最適化などのソフトウェアのみならず,無線センサーの高周波特性の測定や振動発電機の3次元プリンタによる試作と特性測定実験などハードウェアも学ぶことができます.またモータやインダクタ,電磁誘導型過熱装置,電波型RFID等に関する共同研究に参加することで,産業界のニーズや先端的な技術を知ることができ,またコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力などの実践的な力も養うことができます.

研究室周辺の環境

lab
情報科学研究科棟
lab
秋の北13条門・銀杏並木
lab
研究室から望む朝焼け

交通アクセス

Address

060-0814 札幌市北区北14条西9丁目 北海道大学 大学院情報科学研究科
システム情報科学専攻 システム融合学講座 電磁工学研究室
FAX: 011-706-7670

Applied Electromagnetic Lab.
Research Group of Informatics for System Synthesis,
Division of Systems Science and Informatics,
Graduate School of Information Science and Technology,
Hokkaido University
Kita 14, Nishi 9, Kita-ku, Sapporo, 060-0814, JAPAN
FAX: +81 11-706-7670

MENU

ページのトップへ戻る